どこにでもある話の先とか

※若干のフェイクを入れてありますが、個人情報の保護のためとご理解ください。 それと、まだ真っ当に部活動に入ってる人とか、まだ希望のある方は気分悪くなられちゃ困るんで読まない方がいいのでは。特に放送部について結構踏み込んでるので、関係者の方は読まないでください。切実に願います。いやいいけどさ……  この話はちょっと話していて気分は良くないんですけど、最近眠れないので不安要素を消すために、あえて。  僕は部活を引退した。というより、もう半分フェードアウトである。細かいことは伏せるが、まぁ所謂「消えた」形に近いかも。 別に部員に嫌われていた訳では無い。むしろ仲は良かったんじゃなかろうか。そうじゃなきゃ、同じ部屋で毎日会おうとは思わないだろうし。 それでも、過去を振り返りながらじっくり考えて、「向いてないなりにちょっと無理なんだな」と思い、顧問に相談してそういう形を取らせてもらった。 ここでは、トラウマみたいなものを過去に遡って書くのも変な感じで生産性のないことだが、それでも書かないと苦しいので書く。  中学生のときに遡って地鶏少年の話をする。 僕は小学生のときに放送委員会に入っていたことがきっかけで、というよりその繋がりで放送部に入部した。その頃は放送に向ける感情だけ切り取ると純粋そのものだったが、小学生のとき受けた暴力で対人恐怖はちょっとあった。 その放送部の顧問は、なんというか正論で叩きのめすタイプの人だった。辛辣さなら今まで出会った人の中で一番かもしれない。まぁ今の思想の原点の一つの方でもあ…

続きを読む

飯の友

 白米のおともは漬物(浅漬け含む)、海苔、佃煮、納豆が最強だと思っている。 とは言うものの、年がら年中それらがあるわけがないし、それどころか年に数回くらいしかこういうのは出てこない。まぁそれもそうで、ちゃんと主の料理で食っちまえという話だけど。 ただ、主の料理の素材どころか飯の友さえないときには、うちは「とりあえず卵」で凌いでいる。 卵は焼いて目玉焼きからスクランブルエッグ、オムライス、さらに焼かずTKG(卵かけごはん)、あとはかき玉汁とか。とにかく万能である。母の知恵万歳。 あとは、チクワに山葵なんてのもシャレている。和やかなチクワを山葵が上品に煌びやかにしているのが、何だか山と海の融合って気がして乙なものだ。うちには基本二つともあるからだいたい常時出来てしまう。 言っておくが、飯の友メインで食うと塩分高めで死ぬかもしれんから気をつけよう☆ 健康はバランスの良い食事からである。 というのも、うちの父はそれが元で糖尿病になってるし、祖父は脳卒中で倒れたことがあるのであんまり笑い事にならない……。ちゃんと野菜は食べないといけない。

続きを読む

軽々しくマスゴミと言える人に対していくつかのお節介を焼かせていただくことにする

 よくブロガーが「こういう過激なタイトルつけとくと人が来る、あ、タイトルは嘘じゃないよ」戦法を取るので今回のタイトルはそういうものへの皮肉とかそんな感じだ。 ここ数年のSNS・Twitter(彼ら自身は「情報発信ツール」らしい)の普及で、今までマスコミの報道に不満をいだいていた層がマスコミを批判し始めた。いいことだと思う。マスコミとは本来全体で中世中立を維持するもので、ちゃんと反証意見が出る分にはありがたいことだ。それに、取材時の行動にまだ前時代的な部分が残っていることは否めなかったりするし、あとはマスコミが大人の事情で切り込めなかったことを切り込めるようになったりもしている。 だからといって、仕事までを全否定するような意見が出ていたり、ちゃんと見ていないで批判する人が増えているので、こんなのはきちんとした指摘に入れることは出来ないと思う。 俗に言う「マスゴミ批判」だ。 それが続くようだと、マスコミとSNSなどの補完関係が一気におかしくなることだろう。いやまぁマスゴミって言ってる方からしたらあれだよね、滅んでほしかったりするわけだからいいことなんだろうけど次の文見て。 ちなみにSNSでのマスコミ批判は今でもネット情報とマスコミ情報半々なので、マスコミが潰れたときSNS側の取材力が強くならない限りはフェイクニュースに騙されますよ、それこそあの局みたいに。  さて、少々不謹慎ではあるが、きょう発表された小林麻央さんの訃報を例に挙げたい。おそらく卑近な例を出す他に分かってもらえる気がしないからだ。 ま…

続きを読む

最近の記事

人気記事