友はあらまほしきことやありけむ

 僕はついこの間まで友に恵まれなかったほうだったが、高校時代は大きく交友関係の広がった時期になった。その同級生と先日カラオケに行った時はいつの選曲だよと言い合いながら盛り上がって非常にいい集まりだった。帰り際にどこに行くか(田舎なので何もないのだ)決まらず延々と自転車に跨ったまま過ぎた30分の生産性のなさは僕たちの関係性を言い表していた気がする。友とはどういうものなのかと一言に定義することは難しい。広辞苑は「常に親しく交わるなかま。また、志を同じくする人」と言うが、別に常に親しくしていなくても志が同じでなくても友は友と言い張ってしまえばそれで終わりなのだ。 僕が思うに、友とは人間として生きるための最低限のインフラである。しかし平等に与えられてはいないし、オンボロだったりするし、インフラだから整備・維持するのは自分自身だ。しかし与えられないことで、自分で道を切り開くことも不可能ではない。最低限のインフラと表現したが、それに頼らず孤高に生きるも、もちろん自由だ。 友はインフラであるだけでなく重要なツールでもある。好例がある。友は自分以外の世界を他人よりもより深く見せてくれることがある。自分だけの世界ならどこまで行っても自分だけの世界であるのに対比すると、なんと世界が広がることか。しかし友は同時に自分の世界を断ち切ってしまう可能性もある。裏切られたことは大小関わらず誰しもあるだろうし、それを僕は責めないが、とくに友情が過剰な利害の補完関係に発展したとき、友はもはや友ではない共依存のモノに成り果てる。…

続きを読む

【備忘録】「題名のない」移動前の番組一覧

 各局「題名のない音楽会」移動前の番組一覧。人に読ませる感じの文章の仕上がりではないのであしからず。 ・HTB北海道テレビ(土曜0600~0630) 「LOVE HOKKAIDO」アジアと繋がる北海道的な番組。 ・ABA青森朝日放送(土曜0700~0730) 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」(テレ東) ちなみに0600にテレビショッピングあるので、わりと30分繰上げでお茶を濁すかもしれない。 ・IAT岩手朝日テレビ(土曜1115~1145) 「テレショップ」 ということでそっくりそのまま置き換えかな。直前に「食彩の王国」なんで、テレ朝と同じ編成を時差で放送か。 ・KHB東日本放送(土曜0600~0630) 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」(テレ東) 土曜午前に空き枠いっぱいあるのになんでそこなんだろうね。 ・AAB秋田朝日放送(土曜0520~0550) 「テレショップ」 全ネット局のうち放送起点時刻以降では最も早くなる。 ・YTS山形テレビ(土曜0700~0730) 「渡辺篤史の建もの探訪」 恐らく多いのではないかという。ちなみにその次番組が「提言の広場」なので、なんだかんだで馴染む。 ・KFB福島放送(同時、土曜1000~1030) 「新たな未来へ!ふくしま経済ナビゲーション」ほか 週替り番組(前半)+ショップ番組か(後半)。ショップをなくして週替り繰り下げが予想される。 ・UX新潟テレビ21(土曜1115~1145) 「渡辺篤史の建もの探訪」「~…

続きを読む

辛いときこそ高校野球の実況を思い出してみよう

 世の中は照りつける逆光を睨んで進むものだ。 しかし世界温暖化を目にして、理不尽を感じるような人生を思うこともあるだろう。そんなときは、高校野球の実況を思い出すといい。ちなみに僕は関西民なのでABCが見られる。好きな実況の名手は清水俊輔アナウンサー(テレビ朝日)。  大学受験。マークミスはセカンドが捕ったと思ったボールをこぼすエラー、「セカンド、ボールを捕っ……あー! こぼしているーーーー!!!! その間に二塁ランナーは一気にホームに帰ってくる!!!!」 このセリフで焦らないものは多分いない。 問題の回答がコンマ1秒でひらめいたなら、バックホームに例えるとテンションが上がる。「四番平田、左中間を強襲したーーーー!!!! しかし肩の強い好返球が、いいボールが、バックホーム!!!! タッチは……アウト!」 言わずもがな、この平田は現在中日で活躍する大阪桐蔭の元球児である。余談だが、僕は2005年の熱闘甲子園が、素材と調理が共に素晴らしく大好きだ。 これが連続でひらめきをものにした時だったら、連続三振の大阪桐蔭・辻内や、今年で言うなら花咲徳栄・清水みたいなスーパーリリーフが戦果を上げるシーンを想像しよう。「加速する三振ペース! 三者連続三振! 合格へと、辻内の左腕が唸る!!」 さらにお好みで二塁ランナーを背負うと緊迫感が高まる。 ちなみに自分を攻守のどちらかに置くかはお好みで。「必ず決めなければいけない」なら守り、「ここまでに仕上げなければならない」なら攻めがいいだろう。 攻めという意味では、制限時間…

続きを読む

最近の記事

人気記事