【備忘録】甲子園の決勝の比較

 去年の地方大会の決勝の組み合わせ(出場校に★マーク、今年度出場校に▲マーク。今年度地方大会決勝未満の試合で敗退した高校に○マーク、昨年度優勝校に●マーク。昨年度初出場に「初」、連続の場合、数字を明記。回帰の売位は()で表記)。また、2017年3月に行われた選抜高校野球について、通常出場は「セ」、21世紀は「セ21」。
 同じ組み合わせになった地方決勝については(同)とあらわす。また今年度の地方大会で前年度の決勝が再現された場合、「再」として表記。

 北北海道 クラーク国際★○初 - 滝川西▲
 南北海道 北海★2 - 札幌日大○
 青森   八戸学院光星★(2) - 大湊○
 岩手   盛岡大付★(2、セ)▲ - 一関学園○
 秋田   大曲工★初○ - 角館○
 山形   鶴岡東★2○ - 山形中央
 宮城   東北★(7) - 利府〇
 福島   聖光学院★10▲ - 光南○
 茨城   常総学院★(3) - 明秀日立○
 栃木   作新学院★6(セ)▲ - 国学院栃木 (同)
 群馬   前橋育英★(3、セ)▲ - 健大高崎(セ) (同)
 埼玉   花咲徳栄★2▲ - 聖望学園○
 千葉   木更津総合★(3)▲ -市船橋○ (再)
 東東京  関東第一★2○ -東亜学園○
 西東京  八王子★初○ - 東海大菅生▲
 神奈川  横浜★(3) - 慶応〇
 山梨   山梨学院★(5)▲ - 東海大甲府 (同)
 静岡   常葉菊川★(3)○ -袋井○
 愛知   東邦★(2)○ - 愛工大名電○
 岐阜   中京★(14) ○ - 大垣日大▲
 三重   いなべ総合★(6)○ - 津田学園▲
 新潟   中越★2 - 新潟明訓○
 長野   佐久長聖★(2) - 松商学園▲ (同)
 富山   富山第一★(3)○ - 富山商〇 (再)
 石川   星稜★(2)○ - 日本航空石川▲ (再)
 福井   北陸★(24)○ - 福井商○
 滋賀   近江★(2) - 高島○
 京都   京都翔英★初○ - 福知山成美○
 大阪   履正社★(6、セ) - 金光大阪○
 兵庫   市尼崎★(33)○ - 明石商
 奈良   智弁学園★(2、セ)○ - 天理▲ (再)
 和歌山  市和歌山★(2)○ - 箕島○
 岡山   創志学園★初(セ) -玉野光南○
 広島   広島新庄★2- 如水館○
 鳥取   境★(9) ○- 米子松陰▲
 島根   出雲★初○ - 立正大淞南〇
 山口   高川学園★〇 - 宇部鴻城(セ)
 香川   尽誠学園★(9)○ - 高松商○
 徳島   鳴門★5○ - 鳴門渦潮▲ (再)
 N:今年の準々決勝で対戦、鳴門渦潮が勝利する。
 愛媛   松山聖陵★初○ - 新田○
 高知   明徳義塾★7(セ) - 中村〇(セ21)
 N:両高校が選抜に出場するという珍しい展開。
 福岡   九州国際大付★3○ - 福岡工大城東〇
 佐賀   唐津商★(5)○ - 佐賀商○
 長崎   長崎商★(29)○ - 大村工○
 熊本   秀岳館★(15、セ)▲ - 九州学院 (同)
 大分   大分★(2)○ - 佐伯鶴城○
 宮崎   日南学園★(2)○ - 宮崎商○
 鹿児島  樟南★(3)○ - 鹿児島実○
 沖縄   嘉手納★初○ - 美里工○

 今年度
 現時点で決勝の組み合わせが判明している地区など。上記に加え、昨年度の惜敗チームに関しては◎を配置、前年度出場校に▲マーク、今年度初出場に「初」。特記事項はN。
 星マークのない地区はまだ決勝が行われていない。
 短期間に誤審疑惑が多く上がっているのは残念。帝京ー東海大高輪台(抗議も受け入れられず)や東海大望洋ー専大松戸、千葉敬愛ー習志野、盛岡大付ー花巻東(以上すべての試合でツイッターでの写真の投稿で判明)など、ボランティアとはいえ誤審だけで試合が正当な流れにならないのは大きな問題がある。また、「高校野球ごときが審判に文句を言ってはいけない」など言語道断である。ビデオ判定に補助も出さない高野連と、その支持者が言えたことではないのだ。
 また、北陸地方を中心に大会の順延が続くなど、波乱がそこかしこに見えた。天気に泣かされる大会運営がこれから常になるのかがなかなか見通せない。

 北北海道  滝川西★◎(19) - 白樺学園
 南北海道  北海▲★3 - 東海大札幌
 N:ある兄弟が別々のチームにいる。兄は東海大札幌、弟は北海で、この兄弟の攻防が見ることができた。また、秋の北海道大会では初戦で対決し、東海大札幌が5-3で勝利。北海は最多出場
 青森    青森山田★(8) ー 八戸学院光星▲
 岩手    盛岡大付▲(セ)★ - 久慈
 N:降雨のため7/23から一日順延
 秋田    金足農 ー 明桜★(8)
 山形    日大山形★(4) - 山形中央◎
 N:降雨のため7/23から三日順延
 宮城    仙台育英★(2) ー 東北▲
 福島    聖光学院★11▲ - いわき望洋
 N:聖光学院は戦後最長の11年連続出場。
 茨城    土浦日大★(31) ー 霞ケ浦
 N:降雨のため7/26から一日順延。決勝は延長15回で決着。
 群馬    前橋育英▲★2 - 健大高崎◎
 栃木    作新学院▲★7●(セ) - 国学院栃木◎
 千葉    木更津総合▲★2 ー 習志野
 埼玉    浦和学院 ー 花咲徳栄▲★3
 N:降雨のため7/26から一日順延
 神奈川   横浜★2 ー 東海大相模
 東東京   二松学舎大付★(3) ー 東海大高輪台
 N:昨年代表の関東第一、準決勝でコールド負け
 西東京   早稲田実業(セ) ー 東海大菅生◎★(17)
 N:5回戦、八王子 ー 創価で延長15回再試合、のち八王子が勝利
 山梨    山梨学院▲★2 - 東海大甲府◎
 新潟    中越▲ - 日本文理★(3)
 N:降雨のため7/23から三日順延
 長野    佐久長聖▲ - 松商学園◎★(9)
 N:降雨のため7/23から一日順延
 静岡    日大三島 ー 藤枝明誠★初
 N:日大三島は準決勝、前年代表校の常葉菊川を下した浜松商を延長14回で勝利。決勝は23 ー 10という乱打戦に。
 愛知    中京大中京 ー 栄徳
 N:昨年代表の東邦は準決勝でコールド負け
 岐阜    大垣日大★(3) ー 中京学院大中京
 富山    高岡商★(2,セ) ー 高朋
 N:準々決勝において富山高校が、第一シード校を9人で破った高専射水の選手の骨折により不戦勝。人口減の影響を考慮しなければならなくなったか。
 石川    日本航空石川★(8) ー 遊学館
 福井    坂井★初 ー 敦賀
 三重    三重 ー 津田学園◎★初
 和歌山   紀央館 ー 智弁和歌山★(2)
 奈良    天理★(2) ー 高田商
 京都    京都成章★(19) ー 龍谷大平安
 滋賀    彦根東★(4) ー 近江▲
 大阪    大阪桐蔭★(3) ー 大冠
 N:今年の選抜決勝カード「大阪桐蔭 ー 履正社」が決勝で再現。
 兵庫    明石商◎ ー 神戸国際大付★(3)
 岡山    おかやま山陽★初 ー 創志学園▲
 N:7/28決勝、延長十一回表で降雨コールド。29日に再試合。
 鳥取    米子松蔭◎★(17) ー 米子東
 島根    益田 ー 開星★(3)
 広島    広島新庄▲ ー 広陵★(3)
 山口    下関国際★初 ー 宇部鴻城◎(セ)
 徳島    鳴門渦潮◎★(9) ー 板野
 香川    三本松★(24) - 丸亀城西
 高知    明徳義塾▲★8 ー 梼原
 N:梼原と書いて「ゆすはら」と読む。
 愛媛    帝京第五 ー 済美★(4)
 福岡    福岡大大濠 ー 東筑★(21)
 佐賀    早稲田佐賀★初 - 鳥栖
 N:早稲田佐賀は2010年の創部以来の初出場。両高校の監督は鳥栖高校の先輩と後輩。また、ノーシードが4強に並んだ。
 長崎    清峰 - 波佐見★(16)
 熊本    秀岳館▲(セ) - 九州学院◎
 大分    大分商 - 明豊★(2)
 N:近年は一つ前の年の代表の初戦敗退が起こる珍しいケース。
 宮崎    聖心ウルスラ★(12) - 日向学院
 鹿児島   神村学園★(5) - 鹿児島
 N:鹿児島が勝てば実に50年ぶりの出場だった。
 沖縄    興南★(2) - 美来工科

この記事へのコメント

最近の記事

人気記事