侮れぬ手足口病

 先日、僕はとある集いにお誘い?いただき、なんとなくその準備を進めていたのですが。 先週の土曜日の朝は、ずいぶん外が寒く感じられ体も重かったので、やや大きめの布団で二度寝をしたのですが、いよいよクラクラしてきたものですから、温度計を取り出しました。うちの温度計は随分と待たなければいけないもので、なかなか焦れったいものよと思うわけですけど、その後に出た温度を見た時はぎょっとしましたね。38.4℃。 一日を通しての倦怠感は脱水状態になり、熱中症か夏風邪かというところかと思っていたんですけれど、まあ何にせよこの時は喉の痛みもなくその他風邪っぽさもなくて、ただ頭痛と熱っぽさがひどかったなあと。 一夜明けて全然症状がなかった様に思ったのがいけなかった。 夕方頃から赤い湿疹が手足に目立ち始めまして、特に右小指の側面と左人差し指の側面の赤さが本当に酷かった。その上それらは痛みを伴っているものでして、やがて月曜あたりから水疱をともなって急激に増え始めました。これではいけないと月曜に診断を伺ったら、無事手足口病でしたというオチ。 いやー、本当に関西ふぁなサミ勢にはご迷惑をおかけしました。行っててもたぶん本格的なレポを書く時間はなかったでしょうけど。

続きを読む

最近の記事

人気記事