洒落について、PRについてのいくつかの考え

「洒落のわからんやつと思われるかもしれませんが、本当にコレで住んでる人がハッピーになれるんでしょうか」 これは、地方PR動画の乱立に関しての話題で、7月26日のMBS毎日放送「VOICE」の西アナウンサーが述べた言葉だ。この言葉は、現代の洒落についての論考を深める言葉なのではないかと思っている。 洒落とは嗜好品であるという前提はさすがに疑問を持たれても仕方がないとは思うが、かといって戦火の少女がその戦争で亡くなった人をネタにされて笑えるなんてことはないだろう。貧困に喘いでいる人が貧困で笑うのは自虐的なのかという議論にも繋がる話と思う。 洒落という名で「人を馬鹿にする笑い」が正当化されて、それからそれについての批判が「洒落の分からないやつだ」と逆批判を受ける構図は、なぜ日常で過ぎゆくのみで誰も指摘しないのか。 Twitterのように、僕も含めたすべての人々が熟成もされぬ考えを即時陳列可能なショーケースが形成されてしまった現状を見て、即時性の笑いをどこまで認めるかの大きな流れを見た気持ちになった。「ジョーク」として流せるのかを自分の頭で考えていくのが本当の笑いなんじゃないかと思うと、漫才とはよく構成された笑いだと気づく。 ちなみに、僕が「世相を斬る芸人」をことごとく嫌っているのは、彼ら自身は「うまく世間のタブーを斬っている」つもりでも(実際にぶった斬っている人は、案外そういうことは迷いつつもいうものだ)実際には中傷のほかは何も言っていないからだったりする。立川志らく氏の「自分は間違っていると思いながら…

続きを読む

【備忘録】甲子園の決勝の比較

 去年の地方大会の決勝の組み合わせ(出場校に★マーク、今年度出場校に▲マーク。今年度地方大会決勝未満の試合で敗退した高校に○マーク、昨年度優勝校に●マーク。昨年度初出場に「初」、連続の場合、数字を明記。回帰の売位は()で表記)。また、2017年3月に行われた選抜高校野球について、通常出場は「セ」、21世紀は「セ21」。 同じ組み合わせになった地方決勝については(同)とあらわす。また今年度の地方大会で前年度の決勝が再現された場合、「再」として表記。  北北海道 クラーク国際★○初 - 滝川西▲ 南北海道 北海★2 - 札幌日大○ 青森   八戸学院光星★(2) - 大湊○ 岩手   盛岡大付★(2、セ)▲ - 一関学園○ 秋田   大曲工★初○ - 角館○ 山形   鶴岡東★2○ - 山形中央 宮城   東北★(7) - 利府〇 福島   聖光学院★10▲ - 光南○ 茨城   常総学院★(3) - 明秀日立○ 栃木   作新学院★6(セ)▲ - 国学院栃木 (同) 群馬   前橋育英★(3、セ)▲ - 健大高崎(セ) (同) 埼玉   花咲徳栄★2▲ - 聖望学園○ 千葉   木更津総合★(3)▲ -市船橋○ (再) 東東京  関東第一★2○ -東亜学園○ 西東京  八王子★初○ - 東海大菅生▲ 神奈川  横浜★(3) - 慶応〇 山梨   山梨学院★(5)▲ - 東海大甲府 (同) 静岡   常葉菊川★(3)○ -袋井○ 愛知   東邦★(2)○ - 愛工大名電○ 岐阜   中京★(14) …

続きを読む

甲子園中継の季節

 高校野球の季節である。特に関西人はABCの中継があるので、よりそれを強く実感すると思う。僕はニチアサに興味はないので高校野球過激派だったりするんだけど、それとこれは別だと思ってたりする。 そんな中継も今や決勝は全国ネットされない。もちろんNHKは継続して放送しているけれど、NHKの実況があまり好きではない(去年は清宮に焦点を置きすぎてた)のでどうにも。 ABC発局の中継が全国ネットされなくなったのは、ABCについていたスポンサーが全国ネットの決勝を降りたからだという分析がある。わかりやすく、よくまとめられている。 http://blog.toppy.net/?eid=1077122 これを何度も読んでかなり納得したが、あまりテレ朝の姿勢は良くないな、という話でここから展開していく。よって感情論によった話になる。 テレビ朝日はまず高校野球の時期、「アメトーク!」で高校野球ネタをやって盛り上げる。いいことじゃないか。結構好き。 んで、7月下旬からはABCから「速報!甲子園への道」で地方大会をフォローするんだけど、こちらはスポーツ中継で早朝に追いやられることが多い。編成は息してるか? とは思うけど、仕方のないことだ。スポンサーついてるとは思うけど。 大会期間中はABCでは、日中すべてを中継にあて、さらに「報道ステーション」後に「熱闘甲子園」をテレ朝と共同制作するが、これに関しては去年からナレーターがテレ朝のアナウンサーでなくなり、司会も再びABCアナ主導に戻るなど、テレ朝が一歩引いてる感じが見える。 …

続きを読む

最近の記事

人気記事