肩の力を抜く方法がわからない

 どうも僕は自分語りをしてしまう性分で、ついこの間もその傾向について同級生に指摘されてしまった。なんというか、昔から自分の経験を外に曝け出したいという欲望が備わっている感じがある。めんどくさい人と形容されるタイプの人間と思われるのは承知でいろいろ人に語るのが、やめられない。 ついさっきテレビで見たものについて語るのもやめられない。さすがに人前では自重するが、家族の前や知り合いの前となると止まらない。子供の頃はよく「全部に突っ込みを入れる異端児」と評されたものだ。 そんな僕がほんとに30分ほど前に見たものについて深く掘り下げていこうとするのは、いかに自然なのだろうかとため息すらつきたくなるけれど。 ◆◆◆  テレビに出ていた心理学者がこんなことを言っていた。 緊張してあがっている人に対してアドバイスするとき、日本語の表現では「頑張って」とか「根性見せろ」とか精神的表現が目立つ。一方で、英語的表現となると、「Cheer up!(声を上げろ)」とか身体的表現が多いというものだった。  こういう話を聞くとどうしても、いくら精神的表現でないとは言え「肩の力を抜け」と言われて肩の力を抜けた試しはないということを思い出してしまう。何をやっても肩が上がってしまう。声は上ずる。いや、上ずってはならないのだけれど、すくなくとも自分の中で明らかに「緊張しているな」と思ってしまう。  そういうときは、いくらアドバイスを貰おうと無駄なのだ。  中学・高校ともに放送部に所属しているために、曲がりなりにも大会に出ている…

続きを読む

最近の記事

人気記事