「まっすぐ息を吸って。」 ~現役放送部員の目から

 へっぽこ放送部員の怒りの表明として読んでもらえればいいと思う。  いま、一部の放送部員の間で小学館「裏サンデー」で連載されている竹内じゅんや氏のWEB漫画「まっすぐ息を吸って。」が物議を醸している。  この漫画は現在5話まで連載されている放送部を舞台にした漫画で、なんとNHKの協力の下描かれているという。にも関わらず、「実態と乖離している」という批判や、後述する方向性の違いが様々な不満をもたらしているというわけだ。  別にこの文章がそれらの現象を一歩引いた視点でまとめて、記録にしようというものではない。なにせ僕も放送部員である(全国の皆さんには程遠いものであるが)ので、そこから目を離すというのは無理なことである。なので、作品考としてこの文章を記すことにしようと思う。ここまでお膳立てされた作品が起こした「不満」なんて、珍しすぎるからだ。  先に結論を言うと、あの作品には「現場への敬意」が欠けていたように思う。学校によって環境は違えど、「外郎売」(※1)についての説明をあのコマ数で終わらせてはならないと思うし、省略された事項が多すぎる。さらに言えば、WEB漫画の特性を活かした扉絵が、青春マンガとはベクトルの違う「お色気」であったことも不満を増大させている一因だ。  もちろん、「現場への敬意」を書きすぎると、エンターテイメント作品として成立しづらくなるのも確かだ。自主制作映画によくある「裏側」を書きすぎた感じとでも言えばいいのか(それを貶しているわけではない)。それは「現場からの敬意…

続きを読む

最近の記事

人気記事