No-image

遅い世界の必要性 ~SNSと批評から

 つい最近に呟かれた作家である坂上秋成氏のツイートが、ここ数日、自分に常に問題提起している、という話をします。  文脈を捉えてまとめてみると、「作家が自分の作品を宣伝するのは、今の社会・経済状況の厳しさを鑑みても、何らおかしいことではなく、そして作家と消費者の関係や意識は変化していくべき。作品は今や初動で決まりつつある」ということから、消費者のあり方を提起した上で、批評とインターネットにつ…

続きを読む

最近の記事

人気記事