【備忘録】「題名のない」移動前の番組一覧

 各局「題名のない音楽会」移動前の番組一覧。人に読ませる感じの文章の仕上がりではないのであしからず。 ・HTB北海道テレビ(土曜0600~0630) 「LOVE HOKKAIDO」アジアと繋がる北海道的な番組。 ・ABA青森朝日放送(土曜0700~0730) 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」(テレ東) ちなみに0600にテレビショッピングあるので、わりと30分繰上げでお茶を濁すかもしれない。 ・IAT岩手朝日テレビ(土曜1115~1145) 「テレショップ」 ということでそっくりそのまま置き換えかな。直前に「食彩の王国」なんで、テレ朝と同じ編成を時差で放送か。 ・KHB東日本放送(土曜0600~0630) 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」(テレ東) 土曜午前に空き枠いっぱいあるのになんでそこなんだろうね。 ・AAB秋田朝日放送(土曜0520~0550) 「テレショップ」 全ネット局のうち放送起点時刻以降では最も早くなる。 ・YTS山形テレビ(土曜0700~0730) 「渡辺篤史の建もの探訪」 恐らく多いのではないかという。ちなみにその次番組が「提言の広場」なので、なんだかんだで馴染む。 ・KFB福島放送(同時、土曜1000~1030) 「新たな未来へ!ふくしま経済ナビゲーション」ほか 週替り番組(前半)+ショップ番組か(後半)。ショップをなくして週替り繰り下げが予想される。 ・UX新潟テレビ21(土曜1115~1145) 「渡辺篤史の建もの探訪」「~…

続きを読む

辛いときこそ高校野球の実況を思い出してみよう

 世の中は照りつける逆光を睨んで進むものだ。 しかし世界温暖化を目にして、理不尽を感じるような人生を思うこともあるだろう。そんなときは、高校野球の実況を思い出すといい。ちなみに僕は関西民なのでABCが見られる。好きな実況の名手は清水俊輔アナウンサー(テレビ朝日)。  大学受験。マークミスはセカンドが捕ったと思ったボールをこぼすエラー、「セカンド、ボールを捕っ……あー! こぼしているーーーー!!!! その間に二塁ランナーは一気にホームに帰ってくる!!!!」 このセリフで焦らないものは多分いない。 問題の回答がコンマ1秒でひらめいたなら、バックホームに例えるとテンションが上がる。「四番平田、左中間を強襲したーーーー!!!! しかし肩の強い好返球が、いいボールが、バックホーム!!!! タッチは……アウト!」 言わずもがな、この平田は現在中日で活躍する大阪桐蔭の元球児である。余談だが、僕は2005年の熱闘甲子園が、素材と調理が共に素晴らしく大好きだ。 これが連続でひらめきをものにした時だったら、連続三振の大阪桐蔭・辻内や、今年で言うなら花咲徳栄・清水みたいなスーパーリリーフが戦果を上げるシーンを想像しよう。「加速する三振ペース! 三者連続三振! 合格へと、辻内の左腕が唸る!!」 さらにお好みで二塁ランナーを背負うと緊迫感が高まる。 ちなみに自分を攻守のどちらかに置くかはお好みで。「必ず決めなければいけない」なら守り、「ここまでに仕上げなければならない」なら攻めがいいだろう。 攻めという意味では、制限時間…

続きを読む

fhanaについてのある種の論2017 ~メジャーデビュー4周年によせて

 fhànaのライブパフォーマンスは、贔屓目で言うのではないが、場を彼らのものにしてしまう強烈な力がある。kevinさんのソロから熱気を帯びるオーディエンスは、メンバーの登場で目を輝かせる。メンバーもまた、オーディエンスに笑顔で手を振る。それは towanaさんが例えたように、太陽と月の関係にあると思う。 誰か一人が突出したパフォーマンスではない。世代が微妙に異なる演奏者3人ともがコンポーザーを務められる柔軟性と、困難を乗り越えてきたハイトーンボーカルの芯の強さが絡み合う。出るところは出て、引くところはひそやかに。 インターネット発のメンバーだが、ネットの可能性を少しずついい意味で疑い始めた眼から、新しい可能性は始まると信じていたのではないか。そういえば、佐藤氏がFLEETとfhànaの中間期に発表したボカロ曲は「Cipher」だった。意味は「0」、「取るに足らないもの」、「暗号」らしい。なかなか哲学的なタイトルだが、そこからfhànaとしては東日本大震災という大きな出来事を経て、「kotonoha breakdown」という曲を作り上げた。この二曲の間に流れる関連性を断言はできないが、ゼロからの(人々の言葉の)崩壊がはじまりの場所だったのか、と今では思うことがある。 破壊があれば再生はある。それを象徴するのは、fhànaがメジャーシーンで活躍するその真っ只中の昨年のツアーファイナルで、towanaがポリープに苦しんだ一件。 ボーカルにとっての生命線、声。気合いで乗り切ったツアーファイナル。立て続…

続きを読む

最近の記事

人気記事