春改編覚書2018

「ニュース女子」関連・TOKYO MX、テレビ神奈川、サンテレビ、BS11が放送を終了。さくらんぼテレビ、チューリップテレビ、奈良テレビ、秋田テレビ、サガテレビは継続の方針。ほかは情報はいり次第。 AIR-G'・平日ワイド枠を大幅改造。07:30-11:00「朝MORi」、月木16:00-18:55「LUV TRACKS」、金7:30-17:30「北川久仁子のbrilliant days×F」(文句なしで某長時間ワイドを超える)、金19:00-20:55「cafe Laniika」。・ファイターズ情報をゲーム前にたっぷり。3/30~10/2のファイターズゲーム戦前(30回)の16:30~17:30「THE ROAD TO SKYBLUE」 STVラジオ・土21:00-23:00「Pop'n Rollにズキューン」が3/31を以て終了へ。翌週から1時間短縮で土22:00-23:00「ぽっぷんミーティング!」。・「河村通男の桃栗サンデー」(日09:30-10:30)、「GOOD DAYS MUSIC」(日10:30-11:30)が30分繰り下げ・平日正午にSTVの伝説的アナウンサー・木村洋二と明石英一郎が新番組「無口な二人」が誕生。・LGBTの人々の思いを発信するラジオ「Knock on the Radio」が開始(土21:30-)。 NHK北海道ブロック・平日11時台に「ひるまえナマら!北海道」(11:30-11:54)が誕生。 HBC北海道放送・「今日ドキッ!」に森田絹子アナが加入。中継や…

続きを読む

寓話がTwitterで利用されるのはなぜか(2018.03.20)

 ツイッター上で「通りすがりに女子高生が正論を言った」ツイートは嘘っぱちだとするものが見かけられる。まあ大元は知らないが、そういう話が多くなってきたのは確かだ。 自分の主張をわかりやすくするためにそういったシチュエーション、あるいは例えや寓話を使うことが流行りで、「これはこういうことが起きているのと一緒のことです」とまとめあげれば自分の主張を拡散する手助けになる。 しかしそのような論法は本来あまりにも高度なものなのではないか。詭弁や論理の間違い、同じではないものを同一と見なす初歩的なミスを犯していたときには、どんな主張の説得力でも無に帰せられる。なのにそのようなハイリスクな論法を使いたがる「ツイッタラー」がいるのはなぜだろうか。そしてそれが大きく出回るのはどうしてだろうか。  昔話・寓話は実在しえない話であるが、テーマには教育的な性格を持っている。教訓である。「三匹のこぶた」なら「一番頑丈だったレンガの家は建てるのが大変だ。でも藁や木で作ったほかのこぶたたちの家は潰れてしまったが、レンガは潰れなかった。だから努力はどんなに大変でも大切だ」とか、「北風と太陽」であれば「北風のように厳しい態度で人に接するより太陽のように暖かな気持ちで人に接せば相手も心を開いてくれる」とか。 教訓を持つ話というのは、常にそれを作ったり演出した人の思想性を内包する。「三匹のこぶた」を作った人が努力家であるかどうかは知り得ないが、努力を大切にする人であったかもしれないというのはここでわかる。そして、いま先ほど取り上げたツ…

続きを読む

生と死(2018.03.01)

 先日、毎日その日その日に自殺した人とそのプロフィールを紹介する小史的なアカウントを Twitter でフォローした。ひとりひとり、死因も動機もその後もまるっきり違う。死は、べつに自分で決めなくても勝手に決められるかもしれないこの俗世において、なぜ彼らはその方法を自死としたか。 答えはその中を見つめれば出てくるもので、例えば、大阪のある小学生のように、小学校の統廃合という思春期に敏感なテーマが重なったことで自身の思想性を強烈に訴えたり、ある局のアナウンサーのように生きる苦しみに耐えられず死ぬことを決めたりする人もいる。これは間違いなく、生きることが出来たなら、いや「善く」生きることができる状態だったならば生きていけたのかもしれない。でも実際はそうできない――この苦しみを誰にも伝えられないから、生きることへの熱情と死ぬことへの希望に傾斜する、と思う。これが実際死に直面したときにどう思うかは、なんというか、その時にしかわからない。僕も小さなころはとてもいじめられて大変だったしそういうことも考えたけど、先のような人々の抱えた希死念慮とそれって同じだったのかなんて、わからない。 この世界には理想と現実があって、いつの日もその狭間に苦しむ。疲れてしまってもう涙も随分流しちゃいなかった。むげにしてしまった人間関係(理想が高すぎたのだと思う)、心にもないことをしてしまったときの心痛を誰も拭っちゃくれないし、そのくせ、そんな話が多いもんだから、これは単に対人コミュニケーションが下手くそなだけなのかな、とも思ってし…

続きを読む

最近の記事

人気記事